クレジットカード現金化は怖い?!

クレジットカード現金化と聞くと、騙されそうで怖い、犯罪や事件に巻き込まれるのではないかと心配になる人もいるかもしれません。
しかし実態を知らずに無駄に不安がるよりも、実際に危険な行為なのかどうか、どんなリスクがあるのかを理解しておくことが重要です。

過去にあった事例

クレジットカード現金化は現時点では違法ではありません。
現金化は実質的には、商品をカード決済で購入して転売するという行為に過ぎません。
購入した商品を本人がどうしようが自由なはずです。
しかし過去にあった事例としては、貴金属販売会社が貸金業法に違反したとされ逮捕されるという事件がありました。
この業者がおこなっていたのは現金化のなかでも「キャッシュバック方式」と呼ばれる方法で、価値のない商品を購入させてその見返りとして現金を渡していたという事実があり、貸金業法に抵触したため逮捕されたのです。
しかしここで重要なのは、逮捕されたのが現金化利用者ではなく、業者のみだったという点です。
なぜならばクレジットカード現金化は違法ではないため、利用者を罰する法律がないのです。

違法ではない、でもリスクはある

クレジットカード現金化は違法ではありませんが、リスクがないわけでもありません。
お金がかかわることなので、詐欺や犯罪に巻き込まれる可能性もあります。
また、カード会社も目を光らせています。
クレジットカード現金化が普及するとともに利用者が急増したためです。
もともとカード会社や日本クレジット協会は、クレジットカード現金化行為を禁止していました。
法的な威力はないにせよ、カード会社に疑われてしまうと面倒なことになります。
まず、処分としてはカードの利用停止や強制解約という可能性があります。
こうなってしまうと信用情報にきずがつき、そのクレジットカードが使えないだけでなく、新たなカードの発行もできなくなります。
しかしそれだけではありません。
カード関連以外にも、ローンを組めなくなる恐れもあります。

クレジットカード現金化業者の選別

これらのリスクがあるからこそ重要になってくるのがクレジットカード現金化業者の選別です。
現在では現金化業者の数が増えたため、その質も現金化業者によってまちまちです。
優良店を選べばカード会社に疑われる心配をすることなく現金化することが可能ですが、質の悪い現金化業者の場合は悲惨です。
詐欺まがいのことをする現金化業者もありますし、入手した個人情報を悪用するパターンもあります。
現金化を利用するひとは、このような目に遭っても訴える場所がありません。
だからこそ現金化業者を選別するすることが必要です。
そのためにも優良店を選べるだけの、クレジットカード現金化に関する最低限の知識をつけましょう。

まとめ

クレジットカード現金化は違法ではないので誰に咎められることもありません。
実際に、過去に逮捕された利用者はいないのです。
そのため、無闇に怖がる必要はありません。
しかし全くリスクがないわけではなく、カード会社に疑われることでその後の経済活動が大きく制限されてしまいます。
また、詐欺まがいの行為をおこなう質の悪い現金化業者もいます。
こういったトラブルやリスクを避けるためにも現金化業者を選別するための目や、最低限の知識が必要です。