クレジットカード現金化は業者が儲かる仕組みになってるって本当?

ネット上で運営しているクレジットカード現金化業者の中には、99%や100%など高い還元率を提示する業者も存在します。
還元率100%であれば利用者は、損をすることなく現金化ができます。
何故そんな高い還元率を用意できるのか、高還元率であっても業者が儲かる仕組みとなっているのは本当かを、一緒に見ていきましょう。

還元率100%はありえるの?

クレジットカード現金化業者は、手続きの際に発生する差額によって利益を生み出しています。
差額の一つとなるのが、還元率です。
還元率90%であれば、10%分が業者の利益となる計算です。
還元率100%という場合は、業者側の利益が全くない状態となります。
それどころか、現金化のためにかかる諸経費を考えると、業者側は赤字となってしまいます。
クレジットカード現金化を行う度に損失が発生する形となれば、クレジットカード現金化業者は営業を続けていくことができません。
99%や100%など、高い還元率を提示する業者も、業者側が儲かる仕組みが用意されていることが殆どです。

還元率100%でも業者が儲かる仕組み

クレジットカード現金化業者を利用した際に手にできる金額は、支払い額と還元率から計算された金額ではありません。
現金化の際には、消費税やカード決済手数料、送料など様々な名目の費用が差し引かれます。
一般的なショップでは、店側負担となるカード決済手数料も、クレジットカード現金化の際は利用者負担となることが一般的です。
そんな手続きに必要となる費用もあれば、業者側がしっかり儲けることができるように、様々な名目の手数料が差し引かれることも多いものです。
高い還元率が提示されていても、それ以外の形で利益を出せる仕組みとなっているため、利用者側が得をすることはまずないと考えてく方が良いでしょう。

より良い業者を選ぶには

業者側が儲かる仕組みとなっているクレジットカード現金化ですが、お金に困っている時にはとても頼りになるサービスです。
どうしても現金が必要という状況に陥った時は、業者側の利益がどの程度になるか確認した上で利用する業者を選んでいくと良いでしょう。
還元率以外に、手数料がどの程度かかるか、最終的に口座にどの程度の金額が振り込まれるかを確認しておけば、手にする金額を増やすことに繋がります。
提示されている還元率は低めでも、アイテムを購入する代金に対し、70~75%程度手元に帰ってくる業者であれば、良心的な業者を考えておいて良いでしょう。

実際の還元率にこだわるのなら

書かれている還元率と、実際に手にする金額のギャップで悩みたくない、理想通りの現金化をしたいという場合は、電子ギフトカードを使った現金化をしてみるのも良いでしょう。
電子ギフトカードは、80~90%前後の高い還元率で買取をして貰うことができます。
買取率通りの金額をすぐに振り込んで貰える業者も多く、最終的な入金額に対し不安を感じる必要がありません。
電子ギフトカードの購入、買取業者探しなど手続きには少し手間がかかります。
ただ、クレジットカード現金化業者だけが一方的に儲かる仕組みになっているのではないかなど、不安を感じることなく手続きを行えるというメリットがあります。
クレジットカード現金化サイトは、儲かるの?

儲かる仕組みを理解して賢く現金化

高還元率など魅力的な条件が提示されていても、最終的にはクレジットカード現金化業者が儲かる仕組みとなっていることが殆どです。
クレジットカード現金化を行う際には、業者に対し手数料を支払う必要があると考えておく方が良いでしょう。
そんな手数料を少なく抑えたい時は、最終的に手にする金額を確認して手続きに進むなどの方法が有効です。