クレジットカード現金化で必要なものは?注意点も解説

この記事ではクレジットカード現金化を行う際に必要なものについてまとめています。
初めてクレジットカード現金化をしようと考えている人は是非参考にしてください。

自分名義のクレジットカード

クレジットカードが必要なことは当たり前ですが、必ず申し込みをする本人の名義のクレジットカードが必要です。
たとえば家族から借りたクレジットカードを現金化することは、いくら生計を共にしていたとしても自分の名義ではないので不可となります。
名前などをごまかして自分の名義ではないクレジットカードを現金化しようとしたとしても、初回利用時に必ず本人確認が行われるためすぐにバレてしまいます。
自分名義のクレジットカードを持っていない場合は、別の手段で現金を用意することを考えなければなりません。

自分名義の振込先口座

クレジットカード現金化サイトを利用する場合、現金は申し込み者が指定した金融機関の口座に振り込まれます。
地方銀行でも、全国各地のどの金融機関の口座でも振込が可能です。
ただし、振込先口座の名義は必ず申し込み者本人のものであることが必要となります。
たとえ配偶者や親の名義の銀行口座を普段から使っていたとしても、名義が異なるということで振込先に指定することはできません。
クレジットカード現金化サイトを利用する場合には、申し込み者の氏名・クレジットカードの名義・振込先口座の名義が全て同じであることが条件となっています。

本人確認のための身分証明書

クレジットカード現金化サイトを利用する際、初回は本人確認が必須です。
不正利用を防ぐために必ず身分証明書の提示を求められます。
クレジットカード現金化の本人確認で有効とされる身分証明書は、運転免許証・健康保険証・住民基本台帳カードなどが代表的ですが他にも多数あります。
証明書の種類によっては有効となる条件が異なる場合があるので、不明な場合は問い合わせをして確認しましょう。
公式サイトで詳しく説明されていることもあるので、事前に目を通しておくことをおすすめします。

必要なものが全て揃っていても現金化できないことがある?

自分名義のクレジットカードを持っていても現金化ができない場合があります。
それは、クレジットカードのショッピング利用可能限度額を超えて利用しようとした場合や、最初からクレジットカードのショッピング枠の残高がほとんどないような場合です。
クレジットカードのショッピング枠に関しては利用明細に記載されていますし、コールセンターへの問い合わせでも確認することができます。
既にクレジットカードを普段のショッピングで使っている場合は、限度額の残高が減っているので注意が必要です。
また、基本的なことですが身分証明書は有効期限内のものしか本人確認で使用することはできません。

まとめ

クレジットカード現金化をする場合は、以下のものを用意する必要があります。
  • 自分名義のクレジットカード
  • 自分名義の振込先口座
  • 本人確認のための身分証明書
また、クレジットカード現金化はショッピング枠の残高の範囲内でしか行うことができません。
利用する際には、現在のショッピング枠がいくら残っているのかを確認しておきましょう。