電子マネーを使ったクレジットカード現金化のやり方を解説!メリットや注意点も分かる

今回は電子マネーを使ったクレジットカード現金化のやり方について解説します。
ショッピング枠を直接現金化する場合に比べてどんなメリットがあるのかが分かります。
さらに電子マネーを使った現金化のデメリットや注意点についても取り上げます。
クレジットカード現金化の選択肢を増やしたい人にお役立ちの内容です。

電子マネーを使ったクレジットカード現金化のメリット

クレジットカード現金化をする際に電子マネーを使うメリットは、ポイントバックを受け取れるところです。
クレジットカードで電子マネーを購入(チャージ)することで、クレジットカードと電子マネーの2つのポイントを取得できる可能性があります。
また、電子マネーを使った現金化は電子マネーで購入した商品を転売するのが基本ですから、現金化の商材を自由に選べます。
運よく人気ガジェットを入手できれば換金率100%越えも達成できるでしょう。
セルフ現金化なので悪徳業者にだまされるリスクもありません。
これから電子マネーで購入できる商品やサービスは益々増えていきますから、電子マネーを使ったクレジットカード現金化は是非ともマスターしておきたい現金化手法と言えるでしょう。

電子マネーを現金化する方法

電子マネーを現金化する方法は複数あります。
ここでは基本的なセルフ現金化スタイルのやり方を解説しましょう。
このスタイルの仕組みはシンプルです。
クレジットカードで電子マネーをチャージし、電子マネーを使って商品を購入、そしてその商品を売却して現金を入手します。
具体的には、チャージした電子マネーで金券を購入し、それを街の金券ショップやネットオークションなどで現金化します。
商材は自由に決められますが、定番のやり方がすでに確立しているので、初心者でもネットの情報で手法を学べば比較的スムーズに現金化できるでしょう。
しかし、すでに廃れているノウハウを利用すると損をする可能性もあります。

電子マネーを使ったクレジットカード現金化の注意点

電子マネーを活用したクレジットカード現金化にはいくつか注意すべきポイントがあります。
1つ目のポイントは買取業者の換金率が低いことです。
数は少ないですが、電子マネーを直接買い取ってくれる特別な業者が存在します。
簡単なやり取りで手持ちの電子マネーを現金に換えられるため、手間がかかりませんが肝心の換金率は最大でも70%程度しかありません。
他の手法を用いて現金化したほうがいいでしょう。
業者の規模が小さいため、時間帯によっては手続きを処理できず、フィル込み時間が1時間以上遅くなる点にも注意してください。
2つ目のポイントは電子マネーの現金化が規約で禁止されている場合があることです。
もしバレたら電子マネーを利用できなくなる危険性があります。

電子マネーを使ったクレジットカード現金化はこんな人におすすめ

電子マネーを利用したクレジットカード現金化がおすすめなのはセルフ現金化に慣れている人です。
現金化に利用する商材の決定から、どこでいつ売るかまで自由に決められるため柔軟かつ換金率の高い現金化ができます。
商材に詳しければ90%以上の換金率で電子マネーを換金でき、さらに大量のポイントバックも受け取れます。
普段から電子マネーを利用している人にもおすすめです。
この手法は電子マネーのポイントがよく貯まりますが、ポイントを使う機会がないと宝の持ち腐れになります。
毎日の買い物で電子マネーを使っているなら、現金化で取得したポイントをすぐに活用できるでしょう。

まとめ

電子マネーを使ったクレジットカード現金化は、電子マネーとクレジットカードのポイントが両方たまることがある、お得な現金化手法です。
貯まったポイントを生活必需品の購入に当てることができるため、生活費を節約する効果も期待できます。
初心者にはとっつきにくいところが難点ですが、セルフ現金化に慣れているなら一度は試してみるといいでしょう。